エピソード1


 我が家はペットの飼育が禁じられた環境です。従って、外には出したくないのですが、外で育ってきているので言うことを聞きません。ケガの後遺症もなく、元気になってからは毎日外に出掛けていきます。どこで見つけるのか、ネズミや雀を捕まえてきては、「ずごいでしょ!?」と見せるのです。当然家の中に持ち込もうとするので見ちゃイヤ〜ン、取り上げるのに一苦労です。「さかり」の季節がおとずれると、毎日毎晩「ニャ〜オン」と切ない声で鳴きまくり、ゴロゴロと床を這いずり回ります。初めて「マタタビ」を与えてみましたが、短時間ではあるものの効果がありました。まるで陶酔しているようにマタタビに夢中になるんですね。それでも、いつの間にか「妊娠」していました。可哀想でしたが、我が家の事情が許しません。不妊施術も会わせて施術してもらいました
 この手術後、今もそうですが、異常に食欲の旺盛な性格になってしまいました。妊娠中の食欲がそのまま残ってしまったかのようです。遊びに来ていた頃は家の中で悪さをすることは皆無だったのに、今ではテーブルの上の獲物をこっそり持ち去ったりするのです。まるで泥棒猫です!