私の仕掛け



[ミチ糸とサキ糸]
 PE1.5号であればサキ糸はいらないのですが、良く行く茅ヶ崎沖は根が荒いのでサキ糸を繋いでPEの根づれを防いでいます。
 また、サキ糸の長さで仕掛け全体の長さと竿の長さを調節します。連結部にはウレタンの蛍光チューブをかぶせていますが、このお陰て゛仕掛けを巻き込んで穂先を痛めることはなくなりました。

[ハリス止め]
 感度という点では直結の仕掛けがベストだと思いますが、実際の釣りでは針の消耗が激しく、自動ハリス止めを使用しています。
 市販の物はハリス止めがクルクル回ってしまう物がほとんどですが、フッキングに影響が出るような気がするのでハリス止めが回らないようにしています。ただし、魚が掛かった時にはその張力でハリス止めが自由に動くので、仕掛けが絡むようなことはありません。
 また、チューブを被せて八の字結びをするので、結び目が弱くなることがありません。
 唯一の欠点は最後の八の字結びをぎりぎりに結ぶのが難しいことですが、慣れると簡単にできます。

「夜光チューブ」という商品名でした。径は1mmです。

PEの1.5号です。
このビーズがお気に入りです。大きさもベストマッチ!
渋谷サンスイでまとめ買いした自動ハリス止め。鉛線が巻いてあります。
最も細い0.6mmのチューブです。ビニールは伸縮するので○です。