[釣行日] 11月9日(火)

 [場  所] 久里浜 [巳之助丸]


巳之助丸は船が大きくて快適! 前回のリベンジに出撃してきました。前回は納得のいかない釣果だったので、今回は場所を変え、久里浜から出撃です。前回同様に電車釣行ですが、8時出船ということで余裕を持って到着です。竹岡・久里浜方面と剣崎方面の2艘があるので、迷った挙げ句に竹岡・久里浜方面に乗船しました。前回の竹岡沖でのリベンジを果たすためです!?

 出船後まずは、久里浜沖を流します。しかし、一投目から道糸にトラブル発生。リールを巻き取り、再度仕掛けを付け直します。さぁ、気分一新して二投目。あ〜っ、リールのラインガードに通っていない〜!? またまた仕掛けを付け直しです。こんなことをしている間に周りはポツポツと上げています

 その後はトラブルの後遺症か、アタリが全く出てくれません。おまけにクーラーを開けて愕然! 氷を忘れてきた〜〜。 隣のおじさんは「カワハギ初めてなんです。教えて下さい。」なんて言っていたのに、ポツポツと本命を釣り上げています。こちらは「ボ」・・・・・泣きたくなってきます。

 結局、午前中は2枚だけ。「もうカワハギ釣りはやめようっ」とさえ思っていました。外道はポツポツとアタルのですが、本命のアタリは前回同様バラしまくり。ガツッガッと良いアタリもあったのですが、すぐにバレてしまいます。針を変えたり、ハリス長を変えてみたりしますが、状況は変わらず。それなのに、初心者のおじさんは「お〜、釣れた釣れた」と大喜び。(;_;)(/_;)(*_*)

 午後になり、何とか2枚を追加できたものの、気分は最悪です。イメージしたとおりにアタリが出ない。プルプルプルと外道のアタリは頻繁です。ところが、外道だと思っていた小さなアタリが、上げてきたらカンカンカンと途中で良い引きになり、本命だったということが続きます。「あれ? もしかして外道だと思っていたのがカワハギだったの??」 前回もそうですが、外道だと思うとアワせずにハズれるようにしていました。(和竿はアタリがよく伝わります。)

 その後、久里浜から竹岡方面に移動。少し根のきついポイントへ。と、ガッガツッと良いアタリが出るようになります。根の間に仕掛けが入った時には必ずといっていいほどアタリがあります。外道だと思っていた小さなアタリにも、きちんと竿を上げてアワせるようにすると・・・・午前中が嘘のように本命が上がるようになりました(~o~) 周りがほとんど釣れていないのに、ワンキャストワンヒット! イメージしたところでアタリが出てくれて、カンカンカンという心地よい引きでカワハギが上がってくれます。

 最後1時間で数を伸ばし、気持ちいい釣りができました。トータルで20枚。午前中にもう少し釣れていれば・・・とも思いますが、満足満足(~o~) おまけに、竿頭でした! 前半戦はどうなるかと思いましたが、終わってみればとっても満足なカワハギ釣りでした!
 

   [今回の教訓]
  • 外道も釣る! 外道を面倒くさがらずきちんと釣る。外道のようなアタリで本命が食っている場合があるということを肝に銘じます(~o~)
  • 準備を万端に! ライントラブルも準備をきちんとしていれば防げました。また、氷を忘れるなんて・・・。出船前に指さし確認をしなければ(^^;)