[釣行日] 10月12日(日)

 [場  所] 片瀬江ノ島 [幸次郎丸(仕立て船)]


 今シーズン最初のカワハギに行ってきました。今日は職場の釣り会の例会で、江ノ島から仕立て船での出撃です。

 8時に出港して、まずは江ノ島沖の20m前後を流します。しかし、反応はイマイチでエサも取られず上がってくることがほとんど・・・。時折小雨もまじり、最悪の状態です。

 しかし、8時40分に待望のアタリが! 仕掛を下ろした途端、いきなりガツガツガツッと明確なアタリがあり、カンカンカンと良い引きで上がってきた今シーズン最初の1枚です。

 その後は流す場所によってベラなどの外道も活発にエサを取るのですが、本命はなかなか・・・。たまにガツガツッと良いアタリで「おっ、本命か!!」と期待しても、上がってくるのはベラばかり。船頭さんもあちこち流してくれますが、本命はなかなか姿を見せてくれませんでした。

 カワハギ釣りはカワハギがいるのにアタリが取れず、エサばかり取られて熱くなるのが楽しい釣りです。いろいろな誘いをかけて明確なアタリを出してフッキングさせた時の快感がたまらないのです!でも、今回は、その快感をほとんど味わえませんでした。

 結果は9枚。そのほとんどが「またベラかなぁ〜」と疑いながらリールを巻いてきたら本命だったという感じでした。船頭さんの話では、江ノ島一帯は良くないそうです。まだ水温が高く、カワハギが集まっていないのもあるそうですが、カワハギ自体が少ないんだそうです。

 あぁぁぁ、カワハギ釣りらしいカワハギ釣りがしたい!
 

   [今回の教訓]
  • アサリは吟味する。今回剥いて持っていったアサリは鮮度が悪かったのか、当日エサ付けすると肝の部分が白っぽく溶けたようになっていて、付けづらかった。やはり元々の鮮度が悪かったんでしょう。