[釣行日] 12月25日(水)

 [場  所] 茅ヶ崎 [まごうの丸]

美しい日の出でした!

 おそらく今年最後のカワハギ釣りに行ってきました。当日は強引に誘ったフライマンあきもえさんが一緒です。カワハギ初体験のあきもえさんにたくさん釣れると良いのですが・・・。

 午後から曇りという予報でしたが、美しい日の出とともに出船です。まずは茅ヶ崎港沖の定置網周りを攻めます。かじかむ指先であさりを付けて第一投。「??」何の反応もありません。船頭さんが根掛かりはしないというので、思いっきり這わせて底を狙ってみますが、一向にアタリが出てくれません。
フライマンあきもえ氏
 アサリが取られずに上がってくることもあり、活性が低いのか、カワハギが居ないのか・・・。しばらくすると待望のアタリが出て、ようやく一枚目が上がりました。サイズは小さいながらもホッとします。あきもえさんにも一枚目が上がり、さて、これから・・・・と思ったものの活性は今ひとつ。

 船頭さんも移動を繰り返し、悪戦苦闘です。再び元の場所に戻ると押さえ込むような微妙なアタリ。カンカンカンという心地よい引きでカワハギが上がります。「フンフンフン、このパターンね!」 着底後に少したるませて、スーッと聞き合わせた時の押さえ込むような抵抗感。これがアタリです。

 このパターンで連釣できましたが、とっても渋いアタリです。ガツッというような激しいアタリが出ることは希でした。そんな状況の中では初挑戦のあきもえさんには厳しすぎました。(強引に誘ってご免なさい) このパターンでリズム良く10枚ほどを上げたのですが、「仕掛を上げて下さ〜い」と船頭さんから移動の合図。せっかくリズムが出てきたのに・・・・。

ザザンの曲で有名なエボシ岩。 その後はエボシ岩周辺の岩礁帯に移動しますが、外道のオンパレード。根掛かりも多く、さすがに集中力が続きません。船頭さんも必死になって移動を繰り返しますが、状況は変わらず、本命が上がってきません。そんな中であきもえさんに待望の2枚目が!

 12時を過ぎたところで「風が強くなるので早上がりします」という船頭さんのつれないアナウンス。天候の急変では仕方ありません。

型が小さいっ!! 結局15枚を上げることができましたが、型も小さく、いまひとつ納得ができる釣りではありませんでした。波は穏やかだったのですが、大きなうねりが入っていて、それが魚の活性を下げたのでしょうか?釣れた魚のほとんどが皮一枚だったのを考えても、相当に活性が低い一日だった気がします。

 次のカワハギ釣行は2003年になってからになると思いますが、より精進して常に納得できる釣りを目指したいと思っています。
 

   [今回の教訓]
  • 集中する。当日は大きなうねりが入っていて、仕掛けが頻繁に底から離れてしまいました。集中すれば、水面(うねりの上下)を見ながら糸の出し入れをして対処できるのですが、なかなか持続できませんでした。
  • 針先をこまめにチェック。続けてバラしたので、針先を見てみたら3本中2本の針先が曲がってました(^^;) これではバラすはずです。