[釣行日] 11月24日(日)

 [場  所] 佐島 [つね丸]

和竿教室の先生のお弟子さん、T氏です。

 「和竿かい」の例会に参加してきました。当日は曇天で強風という寒そうな天気でしたが、10名が参加して和竿の釣りを満喫しました
出船は6時半。小舟で船まで渡ります。
 当日は風があるものの波はそれ程高くなかったのですが、魚の活性がいまひとつ・・・。ようやく最初の一枚を上げたのは出船してから1時間以上も経っていました。隣のT氏は連続で上げていて、ちょっとばかり焦ってみたものの、そうそうは反応がありません。

 さらに1時間が過ぎても3枚を追加したのみ。たたいても、たるませてもアタリが明確に出てくれません。今回はいつもの乗合船と違って、船縁が浅く、立って釣るのが恐かったので座って釣りをしていました。どうもこれがいけなかったようです

 10時を過ぎた頃から立って釣りを開始します。すると・・・・今までの不振が嘘のようにアタリが出始めました! ガツッというようなはっきりしたアタリは出ないのですが、ゆっくりたるませて、そっと聞き合わせると、モソッという感じのアタリが出ます。そこで竿を立てると、カンカンカンと心地よい引き!
27cm。さすがに良い引きをしました!!
 一時はワンキャストワンヒットとなりました。特に30mラインに移動してからは型も良くなり、27cmも顔を見せて、絶好調。活性が高いとは言えないものの、微妙なアタリを取れる快感が最高でした。これも自作のクジラ穂のせいでしょうか・・・?!

 午後になってもポツポツと上げることができましたが、エサの取られ具合からも活性の悪さが伺えました。しばらく仕掛を上げ下げしても、アサリが付いたまま上がってくることが多かったのです。従って、とにかく忍耐の釣りでした。

 いつもなら、仕掛を投入してから短時間勝負なのですが、今回は仕掛を投入して、タタキを入れ、たるませたり、這わせたりを繰り返しながら、相当辛抱して待ちました。もうエサはないだろうなぁ・・・と思った頃にモソ〜ッという微妙なアタリが出る、というような感じでした。
なんとか35枚で竿頭・・・(^^;)
 14時に沖上がりとなりましたが、なんとか35枚を上げることができました。ただ、バラした魚も結構いたので、まだまだ精進しなければ・・・と反省しきりです。でも、乗合船の最高が21枚だったので良しとします。
           10名の参加でした。幹事さん、ありがとうございました。
 

   [今回の教訓]
  • 立って釣る。やはり、いつもの感覚で釣りをするのが大切です。しかし、立つだけで、あんなにアタリの出方が違うなんて驚きでした。微妙なアタリが取れると楽しいですね。
  • 魚は〆る。前回の教訓を生かして、新調したナイフで釣れるそばから〆ました。帰ってから捌いてみると、身の白さが違います。ちょっと面倒臭いですが、こまめに〆て血抜きをするのが一番です。