[釣行日] 11月7日(木)

 [場  所] 福浦港(真鶴) [菊川丸]

福浦の日の出

 今シーズンの初カワハギに出撃してきました。職場の同僚と仕立船で出船しますが、晴れの予報を裏切る曇天。寒さがそれ程でもないのが救いです。

S氏&Y氏 6時半に出港し、まずは定置網周りへ。最初の一投目は軽くタタキを入れて聞き合わせ。と、いきなりガツガツという明確なアタリで本命が上がってきました。「ふんふん、これはいいぞ〜」と期待したものの、後が続きません。アサリも取られないので上がってくることも多く、ポツポツとしか上がりません。ほとんどがゆ〜っくりたるませた後の聞き合わせでアタリを出したもので、やっとツ抜けを果たしたという状態です。
納得の28cm
 アタリが出ないので、1〜2mほど這わせてみました。ゆっくり聞き合わせるとガツッという明確なアタリが出ます。スッと竿を立てて合わせると、カンカンカンと強烈な引きです。強い引きに合わせながらリールを巻く手を止めながらも上がってきたのは28cm! 久々の大型でした。

 午後は定置網の反対側に移動します。水深が30m前後を流している時に、隣のS氏が連チャンを果たします。気づいてみると全員のアサリが取られて上がってくる状況です。「これは居るな!」ということで集中モードに入りました(^^;)

午後はS氏が爆釣でした。 午前中の状況から、たるませ釣りで聞き合わせをしてみると面白いようにアタリが出ます! まさにワンキャストワンヒットでした。着底後、30cmほど道糸を送りこみ、一瞬の間を取った後にスーッと聞き合わせ・・・・ここでモソッとアタリが出て、カンカンカンと心地よい引きでカワハギが上がってきます

 しばらくしてアタリが止まると少し深場に移動します。ここでもポツポツとアタリが出て釣れ上がりますが、バラしが多い! アタリが出た後、リールを巻き始めた直後にバレる事が頻発しました。たぶん食いが浅いのでしょう。3連続でバラした後はパタッとアタリが出なくなってしまいました
 不思議なことにカワハギ釣りではリズムが大切で、そのリズムを崩すと周りが釣れていてもアタリすらなくなります。まさにそのパターンでした。そのまま沖上がりまではポツポツとしか上がらず、反省しきりです。

33枚。ワッペンはなしです。 結局33枚を上げることができましたが、特に午後はバラしが多く、いまひとつ納得ができませんでした(^^;) 特筆すべきは外道が全く釣れなかったことです。今までカワハギ釣りをしていて初めての経験です。船中6人でも外道はハコフグ1匹のみ。こんなこともあるんですね・・・。

 帰宅後は肝合え&鍋に舌鼓を打ちました。おいしかった〜。

 

   [今回の教訓]
  • こまめに針の交換をする。バラしを頻発した時は針をどんどん交換しました。これでバラしが減ったとは言えませんが、気分的に安心できます?!
  • 魚は〆る。今回は水温が高かったので、釣り上げた魚はそのままクーラーに入れました。帰ってからサバいてみると肝がほんのり赤くなっているものが多くありました。釣り上げたらすくに〆て、血抜きをしないとダメですね。