[釣行日] 11月18日(日)

 [場  所] 平塚 [庄三郎丸]


 「和竿かい」の例会で平塚の庄三郎丸(仕立船)からカワハギ狙いで出船してきました。当日はそれほど気温が下がらず、まずまずの釣り日和でした。
さぁ、釣るぞ〜。
 今回の例会は和竿教室の秋水先生のもとに13名が参加です。まずは茅ヶ崎沖に向かいますが、日曜日とあって多くの乗合船が出船しています。同場所ではアオリイカが好調とのことで、乗合船も多数見られました

 今シーズン初のカワハギということで、多少緊張しながらの第一投でした。茅ヶ崎沖は一応ホームグランドとなりますが、今回の船頭さんは根のきつい所を好んで流しているのか、根掛かりが頻発します。

 従って、あまりたるませることが出来ず、なかなかリズムがつかめません。アタリも少なく、エサが取られずに上がってくることもしばしばでした。お約束の外道もあまり上がってきません。船中の皆さんも似たり寄ったりの状況ですから、全体的に活性が低い日だったようです。
シーズン初物! 小さくても・・・。
 待望の一枚目は「外道だぁ」と思ってリールを巻き上げたところで顔を見せました。見事なワッペンサイズ! それでもシーズン最初の一匹目は嬉しいものです! 記念撮影してからリリースです。

 さぁ、これからだ! と気合いの入ったのもつかの間、一向にアタリが出てくれません。場所によっては底に付いた途端にプルプルという外道のアタリが出ますが、タタいても、たるませてもカワハギらしきアタリが出てくれません
やっと納得いくカワハギが・・・る
 船も頻繁に移動しますが、一流しで本命が船中1匹上がるか上がらないか・・という厳しい状況です。根のきつい中、果敢にたるませてみたところ、そっと聞き上げる途中で、ゴツッという待望のアタリが伝わります! カンカンという懐かしい手応えと共に、納得の1枚を上げたのが10時頃でした!

 水深は20〜30mのポイントを流していきますが、根のきつい場所ばかり。ゆっくりとたるませて聞き合わせをするという好きな釣り方が全く出来ませんでした。同じ場所でも船頭さんによって流し方が違うんでしょうね・・・。

これはラッキー? よく釣れたと思いません?? お昼前には何度目かの根掛かり。竿を痛めないように道糸を持って引き上げると、何とか外れた様子です。でも、抵抗感があるので慎重に巻き上げてみると・・・・。な、何とエギ(餌木)が掛かっているではありませんか!! ほとんど痛んでないので最近の物のようです。ラッキー??

 午後になって、連続で上がってくることもありましたが、ほとんど状況は変わりません。自分からアタリを出して釣り上げたという魚はほとんど皆無です。まるで交通事故にあったかのように忽然とカワハギのアタリが出たというケースばかりでした。

 いつもなら、カワハギに餌を取られて熱くなり、アタリを出そうと必死になる・・・という感じで、それが面白いのですが、今回はとにかくカワハギの気配がありませんでした。釣れなくても熱くなれるのがカワハギ釣りなのですが、今回はその楽しさがありませんでした(;_;)

 14時半に沖上がりとなり、結局ワッペン2枚を除いて、8枚の釣果でした。13名中、8枚を上げたのが3名。その他は2〜5枚という釣果でした。乗合船の竿頭が13枚ということなので、まぁまぁだったということでしょうか
表彰。秋水先生、ありがとうございます!
 例会ということで、先生が賞品を用意してくださっていましたが、トップはキスの和竿。3名のジャンケンで決めたところ、残念ながら負けてしまいました。でも、竹素材(根掘りの淡竹)を賞品として頂けたので、とってもHappyでした!!

 実は、最後の30分はエギを付けてしゃくってみました。でもアオリイカは乗ってくれませんでした。甘くないですね・・・(^^;)

 今回は1年ぶりのカワハギということで、慣れていなかったことが敗因のひとつかもしれません。次回は思った通りの釣りが出来るよう精進します!
集合写真。みなさん和竿で健闘されました!
 

   [今回の教訓]
  • アサリは多めに剥いていく。今回は100円のパックを6パック剥いていったのですが、途中でなくなってしまいました。次回は8パックぐらいは剥いて持っていく。
  • アサリの置き場を工夫する。今回の仕立て船は船縁のパイプがなかったので、いつものようにタオルを掛けることが出来ず、オモリと洗濯バサミで何とかタオルを設置しました。
  • 根がきつい時の仕掛けを考える。オモリから最初の針までの間を長くした物や逆に短くした物を用意しておく。状況に応じて変えるのが良いんじゃないかと・・・。