[釣行日] 00' 11月19日(日)

   [場  所] 佐島 『つね丸』
風も強く、曇天で、何より「寒かった〜〜」。

 今回は和竿教室の主宰する「和竿かい」の例会で、三浦半島・佐島から出船しました。7時半の集合に全員が集まり、8時前には出船できました。佐島は湾が浅いために船まで小舟で渡ります

 当日は「晴れて行楽日和」という予報を覆し、曇天に風が強いという悪条件。今シーズンは4回の釣行のうち、なんと3回までもがこの悪条件です。それでもまだ風の弱いほうではありました・・・。

 まずは佐島沖を流します。ほどほどに根があるものの根掛かりするほどではなく、砂地の中に根が点在するような感じでした。今回は前日に時間がなかったのでアサリを剥かずに行きましたが、用意されていたのは剥いたアサリを凍らせた程々のサイズのもので、「さすがにカワハギで有名な釣り宿」です。

最大でもこんなサイズ。全体に小さめです。 活性があまり高くないようで、しばらく苦戦しますが、タタキを入れて、フッとゆるませるとアタリが出ます。最初の1枚はワッペンに毛が生えた程度のサイズでした。適度に根があるのですが、それからは大きめにたるませてアタリを出すようにすると、ポツポツながら上がるようになりました。

 アタリはグッと押さえ込むような感じが多く、穂先のクジラ穂がその微妙な感じを伝えてくれます。自分の穂先は少し硬めなのですが、タタキを入れるには適していて、軽快な操作性が気に入っています。途中からは「這わせ」に近いぐらい糸を出してたるませてもみますが、モソッという微妙なアタリがとれると、至福の喜びを感じられます!

 しかし、流していると急にアタリが遠のき、アサリも取られずに上がってくる場所も多くありました。水深は20mラインでしたが、カワハギが寄っている場所とそうでない場所がはっきりしているようです。魚も暖かいので、もう少し水温が下がるとベストなのかもしれません。

一荷を3度もやりました。這わせるといいみたい・・・。 それでもタタキを入れて、ゆっくりたるませてアタリを出させると・・・一荷で上がってくることが3度もあって、その強い引きを堪能できました。サイズ的には20pが平均で、ワッペンサイズも混じります。40mラインを流したときには、隣で釣っていたA氏が26pサイズを上げていたので、自分も!と意気込みましたが、今回は23pが最大で終わってしまいました・・・(^_^;)

 昼頃に前回の釣行で余ったアサリを冷凍しておいたものを持参していたので、それを使います。が、これがいけなかったのか、なかなか思うようにアタリが出なくなります。それでも用意されていたアサリよりはサイズが小さいので気にせずに使っていました。周りも上がっていないので、エサのせいだとは思っていなかったのですが・・。

 沖上がりの1時間ほど前に、エサを切り替えると・・・いきなり明確なアタリが出て、一荷で上がってきます! それ以後も外道混じりながらもアタリが出るようになったので、「アサリかぁ〜」と後悔しても後の祭りです。
34枚は御の字です。美味しかった。
 それでも2時過ぎに上がった時点で34枚。今シーズン最多の釣果にすることができました。隣のA氏はフライマンでもあり、乗合船のカワハギ初挑戦ながら、自作の和竿で16枚を上げたのはさすがです。トップは43枚を上げ、秋水先生から賞品として「クジラの髭」をいただきました。

フライマンのA氏。一緒に和竿ロッドを製作してます。 個人釣行と違って、和やかな中でのカワハギ釣りは釣果や釣りそのものより、雰囲気を楽しむことが出来るので良いものです。「和竿かい」は和竿を使っての釣りを楽しむ趣旨で発足しています。一般の参加もできるので、もし興味がありましたら、和竿教室のHPまで。


 

「つね丸」HP
  
  [今回の教訓]

  • 防寒を怠らない。今回は万全で臨みました!
  • アサリは新鮮な物を使う。前回のアサリを冷凍したものはフニャフニャになっていて、塩で〆て使いましたが、活性の低いときには「やっぱり新鮮な物が一番」と痛感しました。
  • 集中が肝心である。今回は数にこだわった釣りではなく、例会を楽しむ趣旨だったので、お喋りをしながらの釣りになってしまいましたが、やはり数を上げるのは難しくなってしまいます。
  • 車は大変。佐島は交通の便が悪く、また防寒着を多く持つことを考えて、今回は自家用車での釣行になりました。行きは良かったのですが、やはり帰りは3時間以上掛かってしまい、疲れました。電車で寝て帰るのが楽です。でも、電車釣行の皆さんは防寒着をどうしているのでしょう?