[釣行日] 00' 10月22日(日)

   [場  所] 江ノ島 『光次郎丸』
曇天。風。長潮。

 今シーズン2回目の釣行は片瀬江ノ島港からの出船です。職場の釣り会の例会だったのですが、例年はアジ釣りなどで出船しているものを強引にカワハギに変更させてしまいました!
カワハギ初心者が多くて・・。
 当日は晴れの予報を覆しての曇天。風も強く、長潮でもあり、苦戦が予想されました。カワハギは初めての人も多く、幹事さんの心中は穏やかではありません。

 はじめに江ノ島沖を流したのですが、案の定アタリの「ア」の字もありません。船頭さんはすぐに見切りを付けたようで、全速で東南方向へ船を走らせます。風が強いのもあって、胴の間はびしょ濡れでした。

カメギ根の大船団。 到着したのは「カメギ根」です。すでに大船団が形成され、どうもイナダか何かを狙っているようです。その大船団を遠巻きにしながら船を流していきます。しかし、さすがに有名な根だけあって、その険しいこと! なかなか底立ちが取れません。ちょっとでも気を抜くと一発で根掛かってしまいます。それでもエサが取られるので本命は居るようです。
まぁまぁの型です。ワッペンサイズは少なかった。
 しばらくはベラやネンブツダイのオンパレードでしたが、しばらくするとポツポツと本命が上がるようになりました。自分の1匹目は底立ちを取ってから少しタタキを入れ、間を空けたと同時にアタリが出ました。カンカンという心地よい引きで上がってきたのは20p程のカワハギです。

満足の型です。 しかし、後が続きません。風が強く、船頭さんも操船に苦労しているようで、ポイントからすぐに離れてしまうようです。また船が流されるため、根掛かりが頻発し、自分は集寄から下を4回も取られてしまいました。集寄は自作の物なので、悲しい・・・。

 とにかく根が荒いので、好きな釣法である「たるませ釣り」ができません。少しタタいてからゆっくりたるませてアタリを取るというのが好きなのですが、それをすると確実に根掛かってしまいます。それでも根と根の間のポイントに仕掛けが入ると、たるませた瞬間にアタリが伝わります。この一瞬がたまりません!!

ウツボなんか釣れるのですね。 一度大きなアタリがあり、ゆっくりと聞き上げてみると・・・グングンと重い魚の引きが伝わります。まるで根掛かりのような感じでありましたが、ゆっくりとポンピングをしながらリールを巻き上げてみると・・・なんとウツボが上がってきました! 必死になって噛みつこうとするのをかわしながら、なんとかリリースしました。カワハギの外道にウツボが釣れますか? 普通?

 船中2〜4匹という釣果が多かったのですが、そのほとんどが根掛かりをしていませんでした。つまり底を釣っていなかったようです。自分が釣った本命の8割が下針に掛かっていたのを見ても、底で食っていたということでしょう。(その分仕掛けも大量にロスしましたが・・。)

13枚の釣果はイマイチですが・・・。 2時半に起き上がりをしましたが、トップは19枚をあげた自分の友人(飛び入り参加)で、自分は13枚に終わってしまいました。

 今回は、自作の「竹竿」(本漆を使っていないので和竿とは呼びません!?)が完成したので使ってみましたが、穂先のクジラが細身なので、根の荒い場所には不適な感じです。また、タタキを多用するにも穂先が柔らかいとやりづらい気がしました。

 それでも釣り味は良く、カワハギのカンカンという強い引きを手元に伝えてくれました。穂先も柔らかめではあるもののアタリがよくわかり、使い勝手の良い竿です。ま、自己満足の世界だと思います。
クーラーは11リットルで小さめです。荷物も必要最低限度にまとめます。
 なお、当日ははじめて電車を利用して釣行しましたが、車に比べて楽でした。特に帰りは車だと3時間はかかるのに、2時間ちょっとで、しかも寝て(!!)帰ることができました。次回も電車での釣行を目論んでいます。ただ、どうしても荷物を多くは持っていけないので、コンパクトに必要最低限の物をまとめて行く必要があります。最近の駅はほとんどエスカレータが設置されているので、クーラーなどもそれほど大変な思いをせずに運べました。キヤリアに乗せると楽ですね。
  
  [今回の教訓]

  • 根掛かりを恐れず底を釣る
  • 先糸用の4号程度の糸を持参する。当日は根掛かりで先糸が切れてしまい、それ以後はハリス用に持参した2.5号の糸を先糸に代用しました。すると先糸から切れて、集寄ごとロスするということが頻発。でも、先糸を付けないと根擦れでPEが痛むし・・。
  • オモリは手に持ってエサ付けする。これなら丸オモリでも転がらずにエサ付けできます。
  • エサ入れを自作する。仕立て船であったため、船縁にタオルをうまく設置できず、アサリの置き場所に苦労しました。どんな船でもOKなエサ入れを自作しようっと。
  • 根の荒い場所での釣法を会得する。好きな釣法だけではダメということです。