[釣行日] 99' 12月29日(水)

   [場  所] 平塚港 『庄三郎丸』
鈴木秋水先生です。

 今日は「和竿かい」の第一回例会である。「和竿かい」とは鈴木秋水先生が主催する和竿教室の例会で、和竿を使って釣りをし、親睦を図ろうというものである。しかし、悲しいかな自分の和竿は折れたままで、なおかつ和竿教室で製作しているカワハギ竿は未完成。お借りしたクジラ穂のカワハギ竿。

 従って、先生の和竿をお借りしての釣りとなった。釣り場は茅ヶ崎沖から江ノ島沖という通い慣れた場所であったが、潮が流れないためか、食い渋りの状態。

 タタキ釣りよりは少したるませて、聞き合わせをするパターンが良かった。お借りした和竿のクジラ穂はアタリを明確に伝えてくれ、「さすが」と感じる良い竿でした。

16枚と少な目ですが、食い渋りの中ではまぁまぁ・・。 終わってみれば16枚といささか少な目であったが、なんとか2位に入ることが出来た。第一回例会ということで、先生が賞品を用意してくださり、イワシ鯨をゲットすることができた。

 これで、またカワハギ竿を作るぞ!という気にさせてくれました。
第一回例会の参加者です。