[釣行日] 99' 11月22日(月)

   [場  所] 茅ヶ崎沖 『まごうの丸』
今回は画像がありません。
悪しからず。

 今シーズン2度目のカワハギに『まごうの丸』より出船した。10月には7:00出船であったのが、7:30出船に変わっていた。1時間近く待ってしまったが、こんなことなら現地でアサリを剥けば良かった。というのも、昭島からだと4:00過ぎには家を出なければならず、現地で剥く時間を睡眠時間とするため前夜に自宅で剥いておくのである。

 当日は11月とは思えぬ陽気で、天気予報も「小春日和」を断言していた。出船後、まずは江ノ島方面に向かったが、第一投からアタリが出ない。今まで大抵は第一投に良いアタリがあるのだが。なんとなく不吉な予感。

 何投目かにようやく乗ってきたのはまさにワッペンサイズ。当日は10名ほど乗船者がいたが、全体に良くないようで、早々に場所を移動した。やはり江ノ島沖であるが、今度は「プルプル」という外道のアタリばかり。上がってくるのはベラ、ネンブツダイ、キタマクラ。

 午前中は江ノ島沖周辺を転々としたが、連続してカワハギが上がるということはなく、たま〜にワッペンサイズ前後が上がるのみ。隣の方に20pオーバーが上がると、他の乗船者が「良いですね〜」という始末。

 昼頃にはアタリもなくなり、エサも取られず上がってくるようになった。さらに波のないポカポカ陽気に誘われて、ついウトウトと昼寝をしてしまった。1時間ほど寝てしまったが、その気持ちよかったこと・・・釣り師としては失格ですね。

 午後は茅ヶ崎沖を中心に移動するが、状況は好転せず。潮が動いていないのか、何をやっても、どこへ動いてもダメという日であった。強風でアタリが分からないのも困るが、ベタ凪で風が全くないのも魚の活性に影響するようである。

 エボシ岩まわりの岩礁帯を攻めたとき、根掛かりをしてしまい、「チェッ」と舌打ちをした瞬間、根が「グングン」と引き始めた。竿をためるのが精一杯であったが、なんとかリールを巻いていると、船頭がタモを持って駆けつけてくれた。はじめはタコかな?とも思ったが、重いだけではなく、魚の「引き」をする。あと7〜8mに
なった時、急に手応えがなくなった。

 ミチイトのPEラインが切れていた。1号ではあるが、PEラインがそう簡単に切れるはずはなく、おそらく根擦れで痛んでいたのだろう。まさに「後悔先に立たず」の心境で、帰宅途中に新品を購入した。号数は1.5号にして・・。

 結局、13匹の釣果であった。型も小さく、最大でも手のひらサイズ。今までの釣行の中でワースト1のような気がした。昨年は同時期に28pを筆頭に20pオーバーばかりで、ワッペンサイズなど釣れたことがなかったのだが・・・。

 今年は、カワハギ船が増え、大きいのが釣られてしまっているのかもしれないが、日並みが悪かったと思い、次回に期待したい。

 なお、さすがにサイズが小さいと「肝」が小さく、大好きな「肝和え」を十分に堪能できなかったのが最も残念だった。