[釣行日] 99' 10月25日

   [場  所] 茅ヶ崎沖 『まごうの丸』
江ノ島をバックに。

 今シーズン最初のカワハギに『まごうの丸』より出船した。当日は平日ということもあって乗船者は4名と少なかった。

 7:00に出船したが、船は茅ヶ崎沖ではなく、江ノ島沖を目指した。一投目から『ガッガッガッ』といいアタリがでる。立て続けに3枚ほどをあげるが、すべて20pは越えている。幸先の良いスタートがきれた。

平均サイズ。 叩いてから少したるませ、すーっと聞き上げると・・・ガッといいアタリがでた。この調子でガンガン釣るぞ!と思ったのもつかの間。

 和竿の穂先がポッキリと折れてしまう! 傷が入っていたので補修していたのだが、やはり本格的に修理に出さないとダメなようだ。仕方なく、スペアのカーボンロッドに替える。

 途端にアタリが出なくなる。というより、アタリがわからない。カーボンロッドは胴から穂先までが均一に曲がってしまうので、和竿のアタリの出方と明らかに違って、わかりづらい。

まだまだ暖かい! それでもなんとかアタリを出そうとするものの、根がきつく、根掛かりが頻発する。隣の友人は順調に数を伸ばしており、あせりの気持ちがでてくるが、なんとしようもない。

 この日は昼が干潮で、潮が停まった途端、外道のアタリもぱったりとなくなる。友人がおにぎりをほおばっているときに、彼の和竿を拝借して、一投を試みるが、見事にアタリが出て、1匹をあげる。やはり、アタリの出方が全然違う!

〔 『名人筆を選ばす』とは言うものの、こちらは名人ではないので、竿を選ぶ必要がありそうです。〕

 沖上がり前に、茅ヶ崎沖に移動したものの、ポツポツと上がるだけで、結局、26匹で終わり。ちなみに友人は40匹を越えていた様子・・・。腕の差もあるが、道具の差もあったはずと自分に言い聞かせ、次回に期待することにした。こんなもんです。う・う・う・・・。

 なお、すでに肝はパンパンで、おいしい「肝和え」に至福の時を過ごしました!