Extra Part
(番外編)

渓流のオフシーズンにのめりこんでいる「カワハギ釣り」のページです。
その面白みはフライフィッシングに通ずるものがあり、是非ともやってみることをお奨めします。

タックル こだわりのタックルや仕掛けです。
釣行記 渓流がオフになってから出撃します。
釣 法 工事中です。


<カワハギ釣りとフライフィッシングの共通点>

「タイイング」と「仕掛け作り」                        
 フライタイイングは「いかに魚をだますか」を考えながら、あれこれ工夫するのが楽しみでもあります。前回の失敗を生かしてマテリアルやサイズを変えたりし、次の釣行でそのフライが当たったりすると至上の喜びです。
 それと同様に、カワハギ釣りでもハリのサイズやハリスの太さ、長さ、仕掛け全体のバランスなどで釣果が大きく左右されるので、タイイングと同じ楽しみを味わえます。工夫した仕掛けが釣果に結びついた時は、春先のマッチハッチの釣りでライズを取れたときに似ています!

「キャスティング」と「釣法」
 ナチュラルドリフトが成功し、ライズしている魚が思い通りにフライに出た時ほど興奮する瞬間はありません。
 それと同様に、カワハギ釣りでも竿の操作によってアタリを出せたときは最高に興奮します。やられたことがある方なら分かるはずですが、カワハギ釣りは一瞬でエサを取られます。それもほとんどアタリがないのにです。そのくやしいこと!!
 そこで、色々な工夫を凝らしながらナチュラルドリフトをするのと同様に、色々な釣法でアタリを出すようにするのです。「タタキ釣り」や「這わせ釣り」といった釣法を駆使して、アタリを出したときの喜びは例えようがありません!



<カワハギ釣りの魅力>

 「カワハギ釣り」の最大の魅力は『思うように釣れない』ことだと思います。エサを付けて待っていればいくらでも釣れるのであれば、何の工夫もいらないし、魅力は感じないでしょう。
 自分がハマってしまったのも、釣れなかったからです。周りは釣れているのに自分にはアタリすらない。それなのにエサだけはきれいになくなっている・・・。「何故?」「どうして?」という疑問と悔しさが次回の釣行を促しました。仕掛けを変え、ハリを変え、エサ付けを工夫し、本を読み・・・「釣れるようになるためには何をすればいいのか」の答えを導き出そうとしています。
 結果として、自分で和竿作りまで始めてしまいました。それでも『思うように釣れない』日々が続いています!!

 もう一つの魅力は、その『食味』です。自分は渓流オフシーズンしかやらないのですが、その季節はカワハギの肝がパンパンになります。さらに新鮮な刺身はプリプリして旨いこと、旨いこと。おまけに鍋にしてポン酢で食せば絶品です。一番好きなのは「肝和え」ですが、その濃厚な味は、あん肝やフォアグラなどより上ではないでしょうか。(というより新鮮さが違うのでしょう。)